軽井沢フジホーム

リフォーム

  • HOME »
  • リフォーム

日々の生活の中で、我慢したり不自由な個所はありませんか?

普段生活していると家の中で不便だな、ここちょっと直したいなと思う箇所がでてきます。

「キッチン・浴室・トイレの水まわりをきれいにして使いやすくしたい。」「断熱サッシや床暖房を入れて冬暖かく過ごしたい。」「段差をなくしてバリアフリーにしたい。」「購入した中古物件をリフォームしたい。」など、お客様の個々のご希望を細かくお聞きしリフォームプランをご提案いたします。

 

住宅ストック循環事業補助金制度が始まっています。

 最大30万円/戸(耐震改修を行う場合 45万円/戸)まで補助金が使えます。                                 補助金交付申請期間は平成29年1月18日~遅くとも平成29年6月30日ですのでお早めに!

住宅ストック循環事業補助金とは、良質な既存住宅の市場流通を促進し、若者の住居費負担の軽減及び既存住宅流通市場の拡大、耐震化率・省エネ適合率の向上等良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場の拡大を目的とした補助金制度です。この制度は、リフォーム工事にも使えます。

エコリフォームの要件

次の要件をすべて満たすリフォーム工事を対象にします。

  1. 自ら居住する住宅について、施工者に工事発注して、エコリフォームを実施すること
  2. エコリフォーム後の住宅が耐震性を有すること
  3. 予算成立日(平成28年10月11日)と事業者登録した日のいずれか遅い日以降に、工事着手すること

補助金のの対象工事

次の①~③のいずれか1つが必須となります。かつ、①~③の補助額の合計が5万円以上であることが必要です。
原則として、国の他の補助制度との併用はできません。

  • ①開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)
    ②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修 (一定量の断熱材を使用)
    ③設備エコ改修(エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事)
    【エコ住宅設備】太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓   事務局が認定する製品を使用     

①~③のいずれかと併せて実施するA~Eの改修工事等も対象となります。

④併せて対象とするリフォーム等

A.バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等の拡張)
B.エコ住宅設備の設置※1(1種類又は2種類の設置)
C.木造住宅の劣化対策工事※2(土間コンクリート打設等)
D.耐震改修※3
E.リフォーム瑕疵保険への加入※3

※この制度は使用できない住宅もございますので詳しくはお問い合わせ下さい。

リフォーム例


明るく清潔なお風呂

お風呂は一日の疲れを癒す大切な場所。
快適な最新の設備がさらに癒してくれます。

 


収納棚をつけたキッチン

キッチンにはたっぷり収納スペースが
必要なので収納棚をとりつけました。

 


ドアの間口を広げたトイレ

トイレは毎日使うところです。
ドアの開口を広げたり、手すりの設置、
今よりも使いやすく快適に。

 


冬の寒さに対応した床暖房

冬場でも快適に過ごせるように温水式床暖房で足元からぬくもりを。

 


既存建物のとなりに増築

 


冷気の流入を防ぐ風除室

 


除湿対策をした和室

 


既存建物に増築したウッドデッキ

お気軽にお問い合わせください TEL 0267-45-2988 e-mail info@e-fuji.org

ライブカメラ

注文住宅ならハウジングバザール
PAGETOP
Copyright © 軽井沢フジホーム株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.